スクリーンタイムで「時間制限」をかけられた場合の解除方法を公開

iPhone

2018年9月に配信を開始したiosの12、「スクリーンタイム」という子供の利用を規制する為の機能が追加された。この機能が導入されたことにより、子供と親とのすまほをめぐるたいりつがますます激しさを増すかと思いきや・・・

スクリーンタイムを使うことにより、子供のiPhoneは完全に親に支配される!? | iPhoneを娘に買ってみた

スポンサーリンク

子供へのスマホ利用制限スクリーンタイムが突破された

・「スクリーンタイム」という機能・・・子供の利用時間を主に規制するものであり、例えば「22:00〜7:00」までを使用できないように親が設定したとしよう。使用しようとした時間が0:10であれば、制限されているアプリなどについては開くことすら出来ない。

スクリーンタイム「解除方法」

それはいたって「シンプル」だ。iPhoneの設定にある「日付と時刻」を「手動」に切り替え、17:00など制限のかかってない時刻にしてしまうのだ。アプリを遊びを得たあとは時刻を戻し「完全犯罪」の完成である。

一日の「利用時間制限」にも対応

「スクリーンタイム」にはさらに、1日のアプリ使用時間の上限を設定することの出来る機能もある。例えば1日1時間までしか使えないようにと設定したとしよう。また変更するのは「日付と時刻」である。これを翌日にしてしまえば、明日の1時間の前借りが可能になる。

Appleは対策を講じてくるか

今までの機能制限であっても「日付と時刻」の設定に関しては制限されてこなかったことから、この設定を制限できないようにするのは考えにくい。

もし、開発に着手しているとしたら、スクリーンタイムの機能自体を見直す必要があると言える。アメリカという国の体質からも、これ以上スクリーンタイムで制限をかけるのは、人権問題に発展するかもしれない。

社会的にどう考えるか

私はこういった「抜け道」は必ず必要であると考える。今回の方法はまだ法律の範囲内での「抜け道」だが、実際に未成年がスマホを使いたくなったら、意志の弱い大人を巻き込んでまで法律違反をする。社会的に子供を犯罪に巻き込ませないというのが大前提で必要ではないのか

コメント